読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かむぱ日記

徒然なるままにその日暮らし

全身脱毛戦国時代

私的徒然草

どうも、僕です。

 

そんなこんなでね、夏ですね。

乙女的には脇的な問題とかコマネチゾーンの問題とかいろいろありますね。

 

水着とか着るし。

夏だし。

攻め美肌。みたいなことだよね。

 

 

てなわけで私も乙女の端くれ。

全身脱毛やってんだよね。

 

んで昨日さ、下半身脱毛の日だったわけだ。

 

下半身マッパであの女子が水着に着替える時に着るてるてる坊主のやつに着替えてベッドに横たわったんですよ。

 

んで、まぁ施術始まりますよね。

そこで私びっくり、今日のお姉さん結構攻める人。

私すごいくすぐったがりなんですけど。

 

お姉さんアダム徳永かな?ってくらいフェザータッチ。

 

 

もうね

 

 

お姉さんのフェザータッチ風の如し

我が陰部林の如し

 

びくつく尻たぶが恥ずかしくてね。

歯を食いしばりましたよ。

 

恥ずかしいこと火の如し

死にたきこと山の如し

 

って感じでね。

 

ほんと、知らない間に武田信玄になってましたよね。

 

いうなればお姉さんは上杉謙信ですわ。

もう意味わからなくなってきたんであれですけどとりあえず私の尻たぶが敏感って話ですわ。

 

ちなみに要所要所で毛を剃るときのポイントを教えてくれると見せかけてめっちゃダメ出しされて心折れかけました。

 

画して川中島の戦いが終わったわけなんだけど帰り際にお姉さんが『Tシャツめっちゃ可愛いですね(*^^*)』って急にデレてきて『えへへ…(なんだよめっちゃ塩送ってくるやん…///)』って完全にコミュ障丸出しのキモヲタ対応してしまって最後まで死にたきこと山の如しでしたわ。

 

f:id:f-ginga0302:20160704191700j:image

 

 

 

  

 

とりあえず明日まで仕事頑張ったら実家に一時帰省するので頑張ります。